top of page

ニューズレターVol.8

第7回年次大会によせて

21世紀社会デザイン研究学会

常任理事 菊野 一雄


(大会実行委員長・跡見学園女子大学教授)

「21世紀社会デザイン研究」という画期的な名を冠した学会が誕生して7年の歳月を重ね、 今般、跡見学園女子大学・文京(茗荷谷)キャンパスにて、第7回年次大会を開催することになりました。 跡見学園女子大学での開催は第5回年次大会以来2度目となります。 アルチュール・ランボー『地獄の季節』(岩波文庫)の一節に「大洪水の記憶もようやく落ち着いた頃」とありますが、 2011年3月11日に我が国を襲った地震・津波・原発事故の記憶は落ち着くどころか、いまだ鮮明であります。 地震・津波・原発事故は東日本の被災地の人々に甚大な被害をもたらしただけでなく、いまだもたらし続けています。 さらに、3・11東日本大震災のトリプル・ショック(地震・津波・原発事故)により 日本社会の統治システムが極めて脆弱であることをまざまざとみせつけることになりました。 


しかしながら、このような厳しい情況をどれ程の人々が深刻に受け止めているのでしょうか。 かかる問題意識に立って、2012年の年次大会では、 「日本の政治と社会デザイン~3・11以後の政治的混迷のなかで考える」を統一論題(メインテーマ)として掲げ、 第1日目には、政治の積極的アクターであるべき「市民」の活動の歩みと現状、立ち向かうべき課題について議論し、 第2日目には、「日本の政治と行政の仕組み、その責任と課題」と題して、 主に政治と行政の境目にある課題について議論する場を設けました。 また、第2日目の午前に開催される自由論題発表会では、5セッションに亘る多彩な分野の研究成果の報告が期待されています。

 

第7回年次大会で、さまざまな視点から活発な議論が展開されることを願って止みません。 

多数の皆様のお越しを心からお待ちしております。


第7回 21世紀社会デザイン研究学会年次大会プログラム

統一テーマ:「日本の政治と社会デザイン~3.11以後の政治的混迷のなかで考える」

»第7回 21世紀社会デザイン研究学会年次大会プログラム【PDF】




開催日

2012年12月1日(土) 13:15~17:45(受付開始12:30)


2012年12月2日(日) 10:00~17:30(受付開始9:30)

会 場

跡見学園女子大学 文京キャンパス  2号館


第1日目

■2012年12月1日(土) (受付開始12:30)

会場

跡見学園女子大学文京キャンパス 2号館6階 M2605教室

13:15~13:30

大会開会挨拶:北山 晴一(21世紀社会デザイン研究学会会長)


主催校挨拶: 山田 徹雄(跡見学園女子大学学長)

13:30~17:45

会員研究会


問題提起のための対論1(13:30~15:15)


 「市民活動と政治、この50年の歩みから考える」


   海老坂 武(フランス文学者)


   北山 晴一(学会会長、大阪樟蔭女子大学教授)


問題提起のための対論2(司会:北山 晴一)(15:30~17:45)


 非営利活動を政治:


   中村 陽一(立教大学教授)


 科学と政治:


   米本 昌平(総合研究大学院大学教授)


 メディアと政治:


   野中 章弘(アジアプレス・インターナショナル代表)

17:45~18:00

総会

18:00~

懇親会(会場:2号館9階のホール)

第2日目

■2012年12月2日(日) (受付開始9:30)

午前の部

自由論題発表

会場

跡見学園女子大学文京キャンパス 2号館6階

10:00~12:30

・環境分野(M2601教室)


・企業活動&SR分野(M2602教室)


・社会・文化1分野(M2606教室)


・社会・文化2分野(M2607教室)


・危機管理・震災分野(M2603教室)


・つながり・協働分野(M2608教室)


午後の部

公開講演会 ※参加無料

会場

2号館1階 ブロッサムホール

13:30~14:30

学会研究会の紹介と報告(司会:渡辺 元 学会理事)

14:45~17:30


公開講演会とパネル討論


主催:21世紀社会デザイン研究学会


共催:跡見学園女子大学


   立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科


開会挨拶:山本 貞雄(前跡見学園女子大学大学院マネジメント研究科長)


基調講演:「日本の政治と行政の仕組み、その責任と課題」


講  師:石原 信雄(日本法制学会会長、元内閣官房副長官)


パネル討論:「震災復興 政治と行政と私たちの役割」


[パネリスト]  石原 信雄(日本法制学会会長、元内閣官房副長官)


        谷山 博史(日本国際ボランティアセンター代表理事)


        川村 仁弘(立教大学教授)


        中村 陽一(立教大学教授)


[ディスカッサント]   石川 治江(学会副会長、立教大学大学院教授)

18:00

大会閉会挨拶:菊野 一雄


     (跡見学園女子大学教授)


アクセスのご案内

【交通機関・アクセス】

地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅 徒歩2分地下鉄有楽町線護国寺駅 徒歩8分

【会場案内】

  • 跡見学園女子大学 文京キャンパス構内案内図下記掲載


注)春日通りの「跡見学園正門」からは通り抜けができません。大学門又は西門から入校してください。

内容

日時

会場

年次大会・総会会場

1日

2号館6階

懇親会

1日

2号館9階

公開講演会

2日

2号館1階

自由論題発表

2日

2号館6階


大会参加費

一般会員:2,000円学生・セカンドステージ受講生:2,000円非会員:3,000円注)当日、受付にてお支払下さい。


懇親会費

3,000円 注)当日、受付にてお支払下さい。


注意事項

昼食は各自でお取り下さい。(学内食堂はお休みです)


参加申込先

第7回 21世紀社会デザイン研究学会 年次大会実行委員会なるべく事前にお申し込みください。

大会参加申込書は下記からダウンロードできます。


申込書に必要事項を記入の上、第7回実行委員まで、郵送、メール、FAX、いずれかの方法でお申し込みください。

郵送での受付先

〒171-8501


東京都豊島区西池袋3-34-1


立教大学社会デザイン研究所 気付


21世紀社会デザイン研究学会事務局内


第7回 21世紀社会デザイン研究学会 年次大会実行委員会

メールでの受付先

FAXの受付先

03-3985-4725

●事務局スタッフは非常勤のため、ご連絡などはFAXかE-mailでお願い致します。


program_7
.pdf
ダウンロード:PDF • 512KB


application_con
.doc
ダウンロード:DOC • 62KB

atomimap
.pdf
ダウンロード:PDF • 121KB

2012-10-15

bottom of page